本文へスキップ

経営、事業、営業、組織、人事に関する戦略の策定・完遂と、個人の自己成長の両立を支えるヒューマンキャピタルコンサルティング

バックオフィス革新による増収増益と利益率向上を実現せよ vol.2.(2/5)SALES FORCE AUTOMATION makes Profits and Profit rate improvement come true.

前回バックオフィスの現状を検証するための5つのポイントについてご覧頂きました。

1.現時点で課されているミッション
2.経営上バックオフィスをどう位置付けているのか
3.バックオフィスの社員に対する期待役割は何か
4.バックオフィスの社員に対する序列・評価・報酬・教育の仕組み
5.要員配置及びオペレーション効率の状況はどうなっているか


皆様の組織における検証結果はいかがでしたか?その結果を踏まえ、本稿以降の回でどのような点を改革すべきかについて概観していきます。

では、始めましょう。

【2】バックオフィスのミッションを再定義しよう

人や組織は自らに課されたミッションに良くも悪くも縛られます。もしバックオフィスにコストセンターとしてのミッションを課していれば、コスト削減の徹底を通じて利益を絞り出すことには自然と意識が向かいますが、それ以外の方法で利益を上げることができる可能性を探る事にはなかなか意識が向かないものなのです。

しかし、企業全体で増収増益や利益率向上に邁進しようという今、バックオフィスのミッションは従来通りのコストセンターとしてのものに留まっていてよいのでしょうか。そこで、下記観点からミッション自体をゼロベースで考え直してみましょう。


このコラムはHC4会員並びにweb会員限定です。会員登録すると続きをご覧いただけます。

 web会員登録(無料)はこちら    会員の方はこちら   

       




お問い合わせ

バナースペース

【営業戦略領域コンサルティング】
【人的資本戦略領域コンサルティング】

ヒューマンキャピタルコンサルティング

お問合せはこちらから

  • Clip to Evernote


スマートフォン・タブレット版はこちら

HCCモバイルサイト http://hccfirm.web.fc2.com/sp/index.html メールアドレス https://hccfirm.net/script/mailform/info/
inserted by FC2 system